新生活準備を始めよう

スムーズに終わらせたい!各種書類手続き・届出


入籍と同時に引越しをする場合、通常の引越し以上に様々な手続きが必要となってきますダッシュ2.jpg
正直めんどくさいと思ってしまいがちですが、
効率良く、出来るだけ少ない時間で終わらせたいですよね!
スムーズに手続きを終わらす為には役所の人を当てにするだけで無く、
何が必要なのかをご自身で把握しておく事も大事です。引越し.jpg
やらければならない事をリストアップし、順序良くこなしていきたいですね。


一般的に必要な手続きをまとめてみましたので、参考にしてみて下さいびっくり4.jpg


●転出届
まず、現在住んでいる所の役所に行き、転出の届出をします。
(同じ地域への引越しの場合は不要)
印鑑と身分証明書が必要となるので、忘れずに準備しておきましょう。
国民健康保険に加入している場合は保険証も必要です。
転出届は引越しの14日前から受け付けてもらえます。
届出をすると転出証明書が発行されます。
転出証明書は引越し先での転入手続きの際に必要となるので、大切に保管しておきましょう。


●ライフライン
水道・ガス・電気・電話回線などを住んでいた場所は停止の依頼をし、
新居での開始の依頼をします。郵便の転送手続きも行なっておきましょう。


●転入届
転入証明書を引越し先の役所に提出します。
期限が引越しから2週間以内なので、忘れないようにして下さい。
その他に身分証明書や印鑑、年金手帳などが必要となります。
この際に印鑑登録も行なっておくと良いでしょう。
また、同じ市区町村内の引越しの場合は転居届を行います。
転入手続きが終わったら、住民票を取っておきましょう。
運転免許証の住所変更などに必要となります


●運転免許書
新居地での警察署交通課、もしくは運転免許試験センターで手続きが可能です。
新住所の住民票、運転免許証が必要です。
他県からの変更の場合は6ヶ月以内に撮った証明写真も必要となりますのでご注意下さい。


●銀行・郵便局口座
窓口にて手続きを行います。
身分証明書・キャッシュカード・通帳・届出印(新姓・旧姓両方)が必要となります。


●クレジットカード
カード会社に問い合わせ、必要な書類を送ってもらい返送します。


●パスポート
新婚旅行で海外に行く場合、旅券とパスポートの名前が同じでなければいけません。


●携帯電話
各会社によって必要な手続きが異なるので、契約会社のサービスセンターに問い合わせましょう。


「新生活準備を始めよう」前の記事をCheck!→何が必要?家具・家電選び
「新生活準備を始めよう」次の記事をCheck!→やりくり上手に!保険の見直しなど



↓ブライダルフェア・会場見学するならコチラからがオススメ♪


ゼクシィnet

↓当サイト人気ページBEST2!


人気BEST1・・・やりくり上手に!結婚後の新生活に向けて「保険の見直し」は必須?!

人気BEST2・・・新居探し・引越し見積りは早めにやっておくべし!



結婚までの流れ

 

結婚式の準備を楽しもう!!

 

新婚旅行は何処に行く?

 

新生活準備を始めよう

 

授かり婚の今